2022年一口馬主の収支と近況状況を完全公開

2022年の一口馬主の収支をまとめていき記録していきます。

費用や賞金については下記記事で分析していますので、気になる方は御覧ください。

私はキャロットクラブに、2010年に入会していて、既に10年以上加入続けています。昨年2021年には、新たにインゼルサラブレッドクラブに加入し、とうとう私も複数クラブに加入してしまいました!

ただ、収支としては、過去10年の記録が残っていれば、正確な収支が分かりますが、おそらくマイナスですね・・・。ただ、ここ数年は、出資馬の選定の確立により収支は安定しております。

出資馬の選び方については下記記事にまとめていますので、興味がある方は御覧ください。

出資の実績としては、2018年の「レシステンシア」や2014年の「メートルダール」に出資することが出来ました。毎年1頭~2頭の出資で重賞勝ちに出資することができ、楽しく馬主生活を送っていきたいですね。

新規出資を検討している方や重賞勝ったらどれくらもらえるか気になっているであろう収支について、完全公開したいと思います!

実際どのくらいの費用がかかるのか?!賞金はどのくらいもらえるのか?!参考になればうれしいです。

私の詳しい出資馬一覧は関連記事からご覧ください。

2021年の収支結果

2021年は、年間の収支は+160,478円で着地しました。惜しくもG1勝ちはなかったですが、レシステンシア様のおかげです。来年こそはG1勝利をしてもらいたいですね。

アップロードした画像ゆうくん

それでは、2022年の成績と収支を公開しています。

競走成績

本年度戦績

成績 18戦 1勝(1-1-2-2-2-10)

本年度獲得賞金 9,053   万円

成績内訳

1月30日 小倉芝1200m(巌流島S(3勝クラス) 18番人気2着 アーズローヴァー

2月27日 阪神芝1200m(マーガレットS)11番人気3着 カイカノキセキ

3月12日 中山芝1200m(アクアマリンS(3勝クラス)) 13番人気9着 アーズローヴァー

3月27日 中京芝1200m(高松宮記念G1)1番人気6着 レシステンシア

4月2日  阪神芝1400m(4歳以上1勝クラス)5番人気5着 グランデフィオーレ

4月23日 福島芝1200m(4歳以上1勝クラス)3番人気12着 グランデフィオーレ

5月15日 東京芝1600m(ヴィクトリアマイルG1)6番人気3着 レシステンシア

5月28日 中京芝1200m(葵SGⅢ)3番人気5着 カイカノキセキ

6月5日  東京芝1600m(安田記念G1)9番人気11着 レシステンシア

6月12日 中京ダ1200m(恵那特別(2勝クラス) 1番人気10着 カイカノキセキ

6月26日 阪神芝1800m(2歳新馬)4人気4着 アンテロース

7月23日 札幌芝1800m(2歳未勝利)1人気1着 アンテロース

7月23日 札幌ダ1700m(2歳新馬)4人気7着 プロテア

7月24日 小倉芝1200m(雲仙特別(2勝クラス))3人気7着 カイカノキセキ

8月13日 札幌芝1800m(コスモス賞(OP))4人気4着 アンテロース

9月 3日 札幌芝1800m(札幌2歳S(G3))9番人気10着 アンテロース

9月 4日 小倉芝1200m(宗像特別(2勝クラス))1番人気15着 カイカノキセキ

10月 1日 中山ダ1800m(2歳未勝利)7番人気8着 プロテア

キャロットクラブでの月々の収支表を公開

収支表では、月ごとの収入・支出を記入しています。支払金額には、月会費も含まれています。

※4月は年次分配の月です。

項目配当収入支払金額
1月¥2,165 ¥10,056
2月 115,334 9,510
3月 9,748 ¥8,818
4月 ¥116,790 ¥9,719
5月 19,668 9,709
6月49,70910,643
7月 4,460 10,436
8月 10,112 9,364
9月08,100
10月¥1,0318,268
11月 ¥
12月 ¥
合計 ¥329,017 ¥94,623
支払金額には、月会費も含まれています。

ここからは個別に見ていきます。

アーズローヴァー(牝馬・6歳)引退

アーズローヴァーも今年で6歳で引退の歳。3勝しこのまま順調に引退すれば母になるでしょう。

個別収支はマイナスだと思いますが、2022年もコンスタントに走ってくれたらと思い応援したいと。希望はあと1勝!

ただ、母馬にはなれそうなので、アワブラとしてキャロットクラブでの募集を期待している1頭。

1/30更新

なんとビックリ!最低人気の18番人気2着というミリオン馬券に貢献しました。笑 うまく外を捌いて、伸びてきましたね。

あと2ヶ月で引退ですが、嬉しい誤算です。クラブのコメントを見る限り、順調であればもう1戦走りそうですね。

22/1/30  松下厩舎

30日の小倉競馬ではゆったりめのスタートもすぐに行き脚ついて中団から。直線は馬場の外目へと出し、勝ち馬には離されたがしっかりと脚を伸ばして2着。「調教を重ねてもなかなか絞れませんでしたし、おそらく前走より10キロくらい増えるかなと思ったのですが、馬体重を見てびっくりしましたね…。てっきり年齢的なものがあるのかと考えていましたが、レースに向けて自分できっちり体を造ってきました。勝った馬は強かったのですが、最後は外に出してよく伸びてくれましたし、ジョッキーも『前が速い展開だったので折り合いもつきました。以前は1400mで乗せていただきましたが、この感じだとやはり1200mの方がいいですね』とのことで、久し振りにいい走りを見せてくれて安心しました。52キロのハンデも良かったですし、今日は馬が本当によく頑張ってくれたと思います」(松下師)中間の調整過程からは年齢を感じさせる様子でしたが、ここに向けてきっちりと自分で体を造り、前走と変わらない体つきで出走させることができました。18番人気と低評価ではありましたが、直線ではいい脚を見せて2着に食い込み、久々にこの馬の良さが見られた一戦だったのではないでしょうか。この後はまずトレセンで馬体をしっかり確認していきます。

キャロットクラブより引用

3/14更新

3月12日の中山競馬(アクアマリンS・芝1200m)に川又騎手で出走。

出脚がつかず、後方からだが直線で脚を伸ばそうとするも、前が壁になり差を詰めることができず9着。

最後も状態が良かったように見えますが、優先出走権をもらえず、引退が確定しました。

長い競走生活大変お疲れ様でした。6年も走っていたかと思うと月日が流れるのは早いものです。

次は、ぜひアワブラとなって戻ってきてくれるのを楽しみにしたいと思います!

近況状況

22/3/12  引退

12日の中山競馬ではスタートで後手を踏み道中は後方の位置取り。直線は外から脚を伸ばそうとするも、十分なスペースがないため追いづらくなってしまい、思うように差を詰めることができず9着。「もっさりしたスタートで後ろからにはなりましたが、やはり52キロのハンデは大きいようで、手応え良く勝負どころから直線へと向かうことができました。この感じなら来てくれるのでは…とかなり期待したのですが、残念ながら詰まって進路がなく、もったいない競馬になってしまいましたね…。ラストランでこのような結果となり申し訳ありませんでした。ただ、馬は1週間で20キロくらい減らし、今回もまた自分で体を造ってきました。これまで一生懸命走ってくれたアーズローヴァーには頭がさがる思いですし、ご声援いただいた会員の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」(松下師)デビュー戦となった2018年の阪神ダート1400m戦では4着に敗れましたが、続く2戦目で1番人気に応えてきっちり勝ち上がりました。その後は入着することはあったものの、なかなか結果が出ず勝利が遠ざかっていたのですが、2020年4月の福島競馬でブリンカーを着用したことできっかけを掴み、同年8月の小倉競馬で約1年10ヶ月ぶりとなる2勝目を挙げました。次走も勝って連勝を飾り、そのまま勢いに乗っていきたかったのですが、3勝クラスともなると壁は厚く、掲示板にも届かないレースが続きました。それでも今年1月の小倉競馬では、出走馬18頭中18番人気という低評価ながらハンデを活かして2着に入り波乱を演出。今回も引き続きいい走りを期待したのですが、残念ながら9着に敗れてしまいました。そして、3月が6歳牝馬の引退時期ということで松下武士調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

キャロットクラブより引用

個別収支

配当収入支払金額合計
35,534 ¥5,427 ¥24,666
2022年個別収支

競走成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
22/3/12アクアマリンS73.8139川又賢治芝12001:08.70.812-11462(-4)
2022/1/30
巌流島S
155.4182川又賢治芝12001:07.80.510-10466(0)
2021/11/20みちのくS27.1914吉田隼人芝12001:10.51.212-13466(-2)
2021/09/25長篠S28.91210鮫島克駿芝12001:08.50.46-6468(+6)
2021/07/18安達太良S13.587M.デム芝12001:08.90.311-12462(-4)
2021/07/03テレビユー福島賞44.6129内田博幸芝12001:08.90.611-12466(+2)
2021/04/10船橋S36.61110内田博幸芝12001:09.10.713-12464(0)
2021/01/10新春S6.436北村友一芝12001:09.40.76-6464(-2)
2021年~2022年競走成績

レシステンシア(牝馬・5歳)

みなさんもご存知、阪神JFの勝ち馬。私も初のG1馬となった記念すべき馬ですね。

その他のG1レースでも2着が3回あり、惜しい競馬が続いております。

香港スプリントでも事故がありながらも2着。今年の高松宮記念はメンバーも薄いことが予想されているため、久しぶりの勝ち星をあげたいものです。

2.19更新

12月に出走した香港スプリントの賞金が2月に振り込まれる。海外の賞金は振り込まれるのが遅いと聞いたことがあったが、香港は2か月後と意外と早かった。

3.28更新

高松宮記念は期待するも6着。意外にも1200mで逃げたのはこれが初めてということで、久しぶりの出走かつハイペースで最後の踏ん張りが効かなかった印象をもった。昨年の馬場と比較してもなかなかのハイペース。

近況情報

レース後

22/6/5  松下厩舎

5日の東京競馬では好スタートを切るも内の馬たちを先に行かせて先団5番手あたりを追走。そのまま手応え良く直線に向いたが、追い出してからはジリジリとした脚になり11着。「抜群のスタートを切りましたし、そのままハナへ行こうと思えば行けたようなのですが、行ってしまうとこの距離で最後に苦しくなりそうとのことで、出たなりの位置で折り合いに気を付けながら進めてくれました。ただ、すんなりと折り合いがつかず、3コーナーくらいまで時間がかかってしまったようでしたね。ジョッキーは『最後も脚は使っているのですが、ジリジリとした伸びに留まりました』と言っていて、距離の影響も若干あったのかもしれません。それでも間隔が詰まる中でも馬は頑張ってくれましたし、またひと息入れて秋に巻き返したいです。いい競馬とならず申し訳ありませんでした」(松下師)中2週で再度の東京への輸送となりましたが、前走よりもプラス体重での出走となり、引き続きいい状態でレースに向かうことができました。最後は伸び切れませんでしたが、今回も僅差の決着となりましたし、牡馬相手に頑張ってくれたのではないでしょうか。夏場はお休みに充てる予定なので、しっかりとリフレッシュしてまた強いレシステンシアの姿を見せてほしいと思います。

キャロットクラブより引用

入厩後

22/6/29  松下厩舎

「NF早来で検査をしたところ骨折の疑いがあるとのことで、本日夕方に函館競馬場の診療所で改めてレントゲン検査を行ったのですが、残念ながら左前第一指骨を骨折していることが判明し、近日中に骨片の摘出手術を行う予定です。夏にリフレッシュしてまた秋からの始動をと考えていただけに、このようなことになり非常に残念ですが、見舞金は3ヶ月相当とのことなので、まずはしっかりと怪我を治してまた戻ってきてほしいです」(松下師)

キャロットクラブより引用

放牧先

22/10/20  NF早来

トレッドミルで軽めのキャンター調整を行い、週3~4日は坂路でハロン14~18秒のキャンター1~2本の調整を行っています。「坂路で強めの負荷を掛けていることで少しずつ気が入ってきていますね。息の入りや馬体の見た目も悪くはないので、このまま本数を重ねつつ移動に備えていきたいです」(早来担当者)12月11日(日)に香港のシャティン競馬場で行われるロンジン香港国際競走(香港スプリント・芝1200m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。

キャロットクラブより引用

個別収支

配当収入支払金額合計
252,633 ¥14,935 ¥237,698
2022年個別収支

競走成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
2022/6/5安田記念(GⅠ)21.0911横山武史芝16001’32.70.43-5-6512
(+2)
2022/5/15ヴィクトリアマイル(GⅠ)12.863横山武史芝16001;32.50.32-2-2510
(-6)
2022/03/27高松宮記念(G1)2.216横山武史芝12001:08.60.31-1516(+18)
2021/12/12香港スプリント(G1)4.422スミヨン芝1200   計不
2021/10/03スプリンターズS(G1)3.422ルメール芝12001:07.40.34-4506(-2)
2021/09/12産経賞セントウルS(G2)1.911ルメール芝12001:07.20.02-2508(+4)
2021/05/16ヴィクトリアマイル(G1)7.126武豊芝16001:31.90.93-2504(-2)
2021/03/28高松宮記念(G1)2.912浜中俊芝12001:09.20.06-7506(-2)
2021/02/28阪急杯(G3)2.411北村友一芝14001:19.2-0.31-1508(+8)
2021年・2022年競走成績

香港スプリントの経費はどのくらいかかるか?関連記事をご覧ください。

プレゼント・グッズ・記念品

ぬいぐるみが届き、一生の思い出になりました!!

2021年 阪神JFのレシステンシアぬいぐるみ

次走情報

未定

グランデフィオーレ(牝馬・4歳)

母のグランデアモーレが出資馬で、母の仔を持つことができました。出資馬の仔をもつまでに10年もかかりましたね・・・

気性がネックですね。お母さんも逃げてオープンまでいったので、もう逃げて気分良く走らせたほうがいいかもしれないですね。

4.4更新

4/2に出走し、逃げて5着。まだまだ難しい面を見せていましたが、私は逃げていい走りだったのではと思っています。この流れで次走も期待したいです。

5.6更新

骨折が判明。この家系は体が弱いですね・・・。

近況情報

入厩後

22/5/6  藤岡厩舎

「右前脚について腫れ、痛みとも症状は変わらず、今朝改めてレントゲン検査を行ったところ、残念ながら第2中手骨の骨折が判明しました。おそらくレース中にぶつけたのではないかと推測され、見舞金は3ヶ月相当との診断です。この後はNFしがらきへ放牧に出して治療を行ってもらうことになりますので、しっかりと怪我を治してまた戻ってきてもらいたいです。このようなことになり本当に申し訳ありません」(藤岡師)

キャロットクラブより引用

放牧後

22/10/20  NF空港

この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター2本登坂しています。また、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「継続的に速めのペースで乗り込むことができており、順調に進めることができています。本州移動に向けて、更に中身からパンとさせていければと思います。馬体重は514キロです」(空港担当者)

キャロットクラブより引用

個別収支

配当収入支払金額合計
11,428 ¥12,580 ¥-1,152
2022年個別収支

競走成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
2022/4/234歳上1勝クラス5.8312菅原明良芝12001:11.01.21-2450(-14)
2022/4/24歳以上1勝クラス10.955藤岡康芝14001’21.50.51-1-1464(-2)
2021/12/263歳以上1勝クラス27.5917浜中俊芝16001:36.11.415-14466(0)
2021/10/313歳以上1勝クラス3.919泉谷楓真芝12001:10.00.72-2466(+8)
2021/10/103歳以上1勝クラス7.048亀田温心芝16001:33.60.79-7458(0)
2021年・2022年競走成績

次走情報

未定。

カイカノキセキ(牝馬・3歳)

母カイカヨソウのため、ダートとして活躍を願っていたが、まさかの新馬戦の芝レースをレコード勝利とうれしい誤算。函館2Sは惜しくも2着だったが、悪くないレースでした。

芝・ダ兼用となれば、かなりの幅が広がり、これからが楽しみです。

全日本2歳優秀に出走するも6着。ただ初ダートですが、いいスタートとスピードも見ることができ、ダート短距離ならかなりいい線いけそうな感じに見えたので、個人的には朝鮮してよかったと思っています。

次走は、おそらくダート短距離になりそうですね。

2.27更新

なんと人気が13頭中11番人気とかなりの低評価に驚きました!!

調教の調子からも3~5番人気ぐらいだろうなぁっと当初は思っていましたが。。

そして、世間の低評価を覆すいい走りを見せ3着で入着。馬券も当たり、次回も楽しみです。

レース後のコメントは下記のとおり。

7.7更新

次走は小倉芝1200ということで、自己条件に戻るので期待できそう。

応援に行こうか検討中。

近況情報

レース後

22/9/4  池添学厩舎

4日の小倉競馬ではスタート良くスッと行き脚がついて2番手を追走。勝負どころでもいい手応えに見えたが、直線は余力がなくなり15着。「今日はこのような競馬になってしまい申し訳ありませんでした。前走よりは楽なペースで進んでいるのですが、ジョッキーに聞くとどうも自分でやめてしまっている感じがするようです。荒れた馬場が合わなかったということもあるのでしょうが、ガーッと行って“もう終わり”という感じで気持ちが切れてしまっている印象です。今日はスタートが良かったので仕方ないところがありますが、今後のことを考えると溜める競馬も覚えさせていきたいと思います」(池添学師)調教では抜群の動きを見せており、これまでのレース内容を見てもここで通用しないとは思えないのですが、気持ちの問題となると今後はいろいろと工夫が必要かもしれません。陣営も脚質の変更など示唆していますし、今後の調整の中で変わり身を求めて行ければと思います。この後は馬体を確認してから検討します。

キャロットクラブより引用

入厩後

22/9/7  池添学厩舎

7日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。レース後にお伝えしましたが、改めてレースを見ても、ガーッと行って“やーめた”と気持ちを切らしている印象があります。若い馬ですし、脚の使わせ方などを含めていろいろ工夫してやっていきたいと思います。レース後は今のところ目立った疲れは見せていませんが、精神面を考慮してもいったんリセットした方がいいかなと考えているところです」(池添学師)近日中にNFしがらきへ放牧出る予定です。

キャロットクラブより引用

放牧先

22/10/18  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は先週とほぼ同じメニューで乗り込みを続けています。競馬ではガーッと行くところを見せていましたが、こちらの調教ではしっかりコントロールが利いており、15-15でもいい動きを見せてくれています。まだ体には余裕があるので、このまましっかり乗り進めていきます」(NFしがらき担当者)

キャロットクラブより引用

個別収支

配当収入支払金額合計
31,367 ¥14,139 ¥17,228
2022年個別収支

競争成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
22/9/4宗像特別4.5115坂井瑠星芝12001:08.40.72-2494(+2)
22/7/24雲仙特別4.537坂井瑠星芝12001:08.20.62-1492(+12)
22/6/12恵那特別3.3110北村友ダ12001:12.82.01-1-1480
(+2)
2022/5/28葵S-GⅢ6.635鮫島克駿芝12001:08.70.511-11478(
+10)
2022/2/27マーガレットS45.411鮫島克駿
1200
1:08.30.39-9468(+5)
2021/12/15全日本2歳優駿【国際(G1)26.176C.デムダ16001:41.32.11-1-1-2463(-13)
2021/11/14福島2歳S(OP)2.515鮫島克駿芝12001:10.00.54-4476(+2)
2021/07/17函館2歳S(G3)6.022鮫島克駿芝12001:10.10.23-3474(+2)
2021/06/122歳新馬6.331鮫島克駿芝10000:56.9-0.31-1472(0)
2021年・2022年競走成績

次走情報

未定

現地応援写真(7/24小倉競馬場)

プロテア(騸馬・2歳)

今年も無事に1頭のみですが、出資することができました。久しぶりの牡馬への出資。

既に来年が楽しみでなりません。

2.17更新

馬名が決定しました。惜しくも私が推した命名は採用されず(私の応募した名前はコンティノアール)

プロテアは、「Protea(英語) 花の名前。花言葉は「王者の風格」。母名より連想」ということ。

近況状況

1/31更新

トモが良いですが、個人的にはかなり胸前の筋肉も分厚いですね。ハロン15秒ペースも既に開始しており、順調なら6月の早期デビューも期待できそう。

3/15更新

募集当時が426kgと小柄なことが唯一て言っていいほど心配だったが、9月464kg→10月480kg→11月490kg→12月497kgと順調に成長。さらには調教の動きもいいので、飼葉をよく食べている証拠でしょう。

4/7更新

ゲート試験は1発で合格。あとは6月までじっくり育つのを待つのみですね。

7/13更新

コメントは悲観的ですが、いよいよ新馬戦。はたして結果はいかに。

レース後

22/7/23  札幌競馬場

23日の札幌競馬ではややゆっくりとしたスタートを切り後方より進める。3角手前あたりから追い上げていこうとするがジリジリとした伸びに留まり7着。「直前の調教でちょっと動ききれなかったところもあったので、少しでも補うことができればと思い、金曜日の調教の際にチークピーシーズを試しに着けてみました。感じは悪くないかなと思い実戦でも使いましたが、いざスタートを切られてから思うようにグッとは進んでいけませんでしたね…。それでも、稽古では終いの脚が鈍っていたところを実戦ではあがってくるところが見られたのは良かったです。実戦でもそれが見られないと苦しいところでしたし、あの後半の走りは今後につながるのではないかと思えました。今後に繋げていきたいですね。これから力をつけてきてほしい状況でもあるので、適度にお休みを入れつつまたレースへ向かっていきたいと思います」(手塚師)時間をかけて乗り込んできましたが、直前の追い切りではもうひとつピリッとしきれずにいました。血統的な傾向から実戦タイプかもしれないということで期待を持って送り出したものの、レースに行ってもガラッと変わる様子はありませんでした。それでも終盤にかけてジリジリと脚を使うところを見せてくれてはいましたので、使いながら身が入ってきて走りが変わってきてくれればと思います。このあとはレース後の状態を確認したうえでどうしていくか判断していきます。

キャロットクラブより引用

入厩後

22/9/14  手塚厩舎

14日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒9-68秒8-54秒1-39秒5-12秒6)。「今朝は2歳新馬と併せています。相手がまだ動き切れなかったことでそれに合わせたので全体の時計はそこまで速くなかったですし、正直終いに関してもこの馬の脚質もあって俊敏に動く感じではなかったものの、馬なりでサラッとの内容でもあったので悪くないでしょう。馬体はデビュー前より筋肉の張り感が良くなっていますし、行きっぷりもこの馬なりには少しずつ出てきていますね。このまま本数を重ねて状態を上げていきたいです」(手塚師)今のところ、10月1日の中山競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に出走を予定しています。

キャロットクラブより引用

放牧先

22/10/18  NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。「馬の体調等を見て先週、去勢手術を行いました。現在はその後の様子を見る段階にあり、ウォーキングマシンを使って体を動かし体調の変化を確認しているところです。幸いにも大きな変化、支障はなさそうなので、現在はマシンで1時間ほど動かしています」(天栄担当者)

キャロットクラブより引用

馬体写真

3/29のキャロットクラブより引用。

個別収支

配当収入支払金額合計
1,886 ¥11,845 ¥-9,959
2022年個別収支

競争成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
2022/10/12歳未勝利17.478内田博ダ18001:57:82.313-13-12-12474
2021/07/232歳新馬13.147池添謙一ダ17001:50.43.411-11-8-7474(0)
2022年競走成績

次走情報

未定

出資理由は関連記事をご覧ください。

インゼルサラブレッドクラブでの月々の収支表を公開

収支表では、月ごとの収入・支出を記入しています。

支払金額には、月会費も含まれています。

項目配当収入支払金額
1月¥0 ¥3,980
2月 0 2,633
3月 0 2,599
4月 0 2,644
5月 0 2,806
6月03,301
7月 2,559 3,275
8月 8,884 3,370
9月4,1403,384
10月¥2,9243,395
11月 ¥
12月 ¥
合計 ¥18,507 ¥31,387
支払金額には、月会費も含まれています。

ここからは個別に見ていきます。

アンテロース(シャブリの20)(牡馬・2歳)

2021年にインゼルTC入会&1頭出資。

短距離~マイルの想定のため、早めのデビューを期待しています。

馬体の大きさだけが心配だったが徐々に大きくなっているのでとりあえず一安心しています。

※インゼルサラブレッドクラブは、初回維持費に2,000円かかります。

4.29更新

入厩しました。意外と早い。ゲートもすぐ合格しそうな感じのコメントですね。

6.26更新

無事にデビューし、レベルの高い新馬戦でしたが、健闘してくれました。

逃げずに控える競馬ができ、直線詰まりはしましたがよく伸びていました。馬込みも大丈夫そうなので、次走も期待できそうで何よりです。

近況情報

レース後コメント

9月3日 札幌RC

9月3日(土)札幌11レース・札幌2歳ステークス(G3・芝1800m)に、武豊騎手54kgで出走したアンテロースは、9番人気で10着となりました。馬体重は前走からマイナス4kgで436kgでした。スッキリした馬体で仕上がりも良くうつりましたが、パドックで周回を重ねるうちに徐々にテンションが上がっていくようなところも見せていました。レースではスタートを五分に出て、先行争いを見ながら中団の位置を追走しました。馬場の良い外目を選びながら進出し、3コーナー付近では勝ち馬を見ながら手応え良く進みましたが、4コーナーから直線入り口にかけて手応えがなくなり徐々に失速。そのまま流れ込むように入線し、勝ち馬から1.6秒離れた10着に敗れています。 「今日はいい感じで走れていたけれど、4コーナーで手応えがなくなってしまいました。もう少し短い距離のほうがいいのかもしれません」(武豊騎手)、「デキに関しては前回よりも良かったですし、少し行きたがっていたところはありましたが、道中はうまく運べていました。3コーナーあたりまではいい手応えで外を回ってきていたんですが…。ジョッキーもうまく乗ってくれていたんですが、やはり距離が長いのかもしれません。今後については、まず馬の体調を確認してから考えたいと思います」(岡田稲男調教師)

インゼルサラブレッドクラブより引用

入厩後

9月14日 栗東

9月9日(金)に札幌から栗東に帰厩した本馬は輸送によるダメージもなく近日中にリフレッシュ放牧に出される予定です。現在の馬体重は434キロです。

「先週の金曜に無事に栗東トレセンに戻ってきました。夏は本当によく頑張ってくれましたね。疲れはあるはずですが、気が強いタイプなのでそういう面をまったく見せません。きょうも乗り運動をしっかりこなしました。そして今週中にも放牧に出て、リフレッシュしてもらう予定でいます」(北野哲史助手)

インゼルサラブレッドクラブより引用

放牧先

10月14日

グリーンウッドトレーニング在厩。リフレッシュさせてから騎乗調教を始めています。500mの周回コース(ポリトラック)でキャンター2500mを乗りながら、週2日は坂路コース(600m)を1本、ハロン14~15秒ペースで登坂し、ゴール前の急な坂もしっかりと駆け上がっていました。飼い葉は食べて体調面には問題ありませんが、できれば馬体に余裕をもたせたいところです。現在の馬体重は438㎏です。

インゼルサラブレッドクラブより引用

次走情報

未定。

個別収支

配当収入支払金額合計
¥18,507 ¥11,676 6,831

競走成績

日付
レース名



騎手距離
タイム着差通過馬体重
22/9/3札幌2歳S(G3)42.7910武豊芝18001:51.61.68-8-7-7436(-4)
22/8/13コスモス賞(OP)7.044武豊芝18001:51.01.08-8-7-6440(+4)
22/7/232歳未勝利1.211武豊芝18001:53.5-0.12-2-2-2436(0)
22/6/262歳新馬7.844武豊芝18001:50.90.73-3436(0)
2022年競走成績

出資理由は関連記事をご覧ください。

シルクホースクラブでの月々の収支表を公開

2022年から新たに3つ目のクラブとしてシルクホースクラブにも加入することになりました!

収支表では、月ごとの収入・支出を記入しています。

支払金額には、月会費も含まれています。

項目配当収入支払金額
1月¥0 ¥0
2月 0 0
3月 0 0
4月 0 0
5月 0 0
6月00
7月 0 0
8月 0 0
9月069,180
10月¥03,300
11月 ¥
12月 ¥
合計 ¥0 ¥72,480
支払金額には、入会金、月会費も含まれています。

ここからは個別に見ていきます。

アトミカオロの21(牡馬・1歳)

2022年にシルクホースクラブに入会しました。理由としては、来年から新規会員の制限を設けるようになったためです。

出資馬の理由についてはこちらの記事をご覧ください。

少々動画を見る限り脚に不安がありますが、やはり放牧先でも固いようで、そのあたりが心配ですね。

近況状況

放牧先

10月1日 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「騎乗馴致は無事に終わり、調教コースで騎乗運動を行える状態まで進められています。ここまで進めてきたことで少し心身共に疲れが出たのか、皮膚病が見られましたので、現在はリフレッシュ目的でウォーキングマシンでの運動を行っています。気性的には普段は落ち着いているのですが、調教となると我の強いところを見せますね。騎乗者とのコンタクトはしっかりと取れているので、無理強いせずに納得してから次へと進めていけば問題はありません。引き続き飼い葉食いは良好で馬体重は増えたものの、騎乗運動を行えばすぐに引き締まってくることでしょう。脚付きが綺麗なタイプとは言えないだけに、調教での脚捌きに硬さがありますから、今後負荷を高めていく際には注意していきます。乗り運動再開後も、現状は成長途上でトモが高く、馬体のバランスが整っていないので、成長に合わせた調教メニューにて進めていきたいと思います」馬体重526kg

インゼルサラブレッドクラブより引用

まとめ

メートルダールが引退し、今年はナスケンアイリスの20に出資し牝馬4頭と牡馬1頭なりました。

2022年は、インゼルTCに入会したことにより、順調にいけば2頭のデビューしかも久しぶりの牡馬ということで、今から夏が楽しみです!

さらに!シルクホースクラブにも加入することができ、3クラブの所属となりました。シルクは若干勢いで加入したこともあり、もしかするとこの1頭のみで終わるかもしれません。(シルクは資金ありきなクラブなので・・)

個人的にはシルクよりノルマンディーやサンデーかなと思っておる次第です。

※キャロットクラブ、インゼルサラブレッドクラブ、シルクホースクラブ様より情報転載の許可を頂いております。