トップライナーⅡの21(キャロットクラブ募集馬 個別評価診断)

8月23日にキャロットクラブ募集馬の測尺や厩舎が発表されたので、個別にレビューしていきます。

今回は、募集番号38番の「トップライナーⅡの21」を見ていきます。

筆者による個別見解はnoteで公開しております!

Excelのまとめた表については多くの問い合わせをいただくため、noteで販売することにいたしました。(夜な夜な作成頑張って作成しているので、有料なのは許してください。)

内容としては、「厩舎や種牡馬とクラブとの相性・成績」、「募集馬をまとめた一覧表がほしい」、「ゆうくんの出資馬が知りたい!」とそんな方に向けたものとなっています。

ぜひExcelに書き込みしながら、是非募集馬検討に活用下さい!!

アップロードした画像レシステンシア

今年は新規会員のほうが激戦だね

※あくまで個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

トップライナーⅡの21について

トップライナーⅡの21について、再度おさらいします。

父:スワーヴリチャード
母:トップライナーⅡ(19歳)
母父:サンダーガルチ
性別:牝
募集金額:2,400万円(1口6.0万円)
母馬優先馬:×
預託予定:大竹正博
提供牧場:ノーザンファーム
生月日:2021年4月25日
体高:150.0cm
胸囲:173.5cm
管囲:19.0cm
体重:410kg
ネット競馬検討数:
一口馬主DB人気順位:85位

母(トップライナーⅡ)について

母トップライナーⅡは米国産馬で現役時は未出走です。

トップライナーⅡの産駒について

本馬は9番仔。JRAで出走済みの兄弟は6頭いますがそのうち3頭が勝ち上がり。
一番活躍しているのは現3歳2勝クラスのトップキャストです。ただトップライナーⅡは米国でも産駒を出していて、メイトリアークS(G1・芝1600m)勝ち馬のStar Billing(父Dynaformer)、前述の佐賀記念2着のアメリカンフェイス(父Tapit)の母Screen Goddess(父Giant’s Causeway)を輩出しています。

2008・Star Billing(牝)Dynaformer
   成績:12戦3勝

2009・Starseeker(牝)Rock Hard Ten
   成績:1戦0勝

2010・Starzilla(セ)Rock Hard Ten
   成績:16戦1勝
   
2011・Screen Goddess(牝)Giant's Causeway
   成績:3戦1勝

2012・トップビリング(牝)Medaglia d'Oro
   成績:1戦0勝 [0-0-0-1]
      獲得賞金:0万円 (中央)
   調教師;松永幹夫

2013・産駒なし ディープインパクト

2014・産駒なし ダイワメジャー

2015・ステラーインパクト(牝)ディープインパクト
   成績:6戦0勝 [0-1-1-4]
      獲得賞金:490万円 (中央)
   セリ価格:1億3,500万円 (2016年 セレクトセール)
   調教師;堀宣行

2016・トスアップ(牝)ジャスタウェイ
   成績:13戦1勝 [1-0-0-12]
      獲得賞金:990万円 (中央)
   調教師;石坂公一
    
2017・ウェイトゥザトップ(牡)父ジャスタウェイ
   成績:6戦1勝 [1-0-2-3]
      獲得賞金:922万円 (中央)
   調教師;小林真也

2018・産駒なし ハーツクライ

2019・トップキャスト(牝)ダイワメジャー
   成績:9戦2勝 [2-0-0-7]
      獲得賞金:1,911万円 (中央)
   調教師;高橋康之
   
2020・ラスターブラスター(牡)リアルインパクト
   成績:1戦0勝 [0-0-0-1]
      獲得賞金:0万円
   セリ価格:2,200万円 (2021年 セレクトセール)
   調教師;宗像義忠
       
2021・当歳(牡)父スワーヴリチャード

血統について

トップライナーⅡの21の血統表

さすがに高齢の19歳の母は減点せざるをえないでしょう。兄弟からもあまり活躍馬が出ていませんし。

配合自体は悪くは見えませんが、新種牡馬のスワーヴリチャードですし、見送りが妥当でしょう。

私の最終見解は、noteで公開いたします!

回収率400%超の募集馬レビュー一覧
詳細はこちら
回収率400%超の募集馬レビュー一覧
詳細はこちら