ゴルトキルシェの21(インゼルサラブレッドクラブ募集馬 個別評価診断)

9月23日にインゼルサラブレッドクラブ募集馬の測尺や厩舎が発表されたので、個別にレビューしていきます。

今回は、募集番号5番の「ゴルトキルシェの21」を見ていきます。

筆者による個別見解はnoteで公開しております!

Excelのまとめた表については多くの問い合わせをいただくため、noteで販売することにいたしました。(夜な夜な作成頑張って作成しているので、有料なのは許してください。)

内容としては、「厩舎や種牡馬とクラブとの相性・成績」、「募集馬をまとめた一覧表がほしい」、「ゆうくんの出資馬が知りたい!」とそんな方に向けたものとなっています。

ぜひExcelに書き込みしながら、是非募集馬検討に活用下さい!!

アップロードした画像レシステンシア

クラブの馬が活躍しているので、新規会員の増加が多そうね。

そのほかの馬の評価や概要は下記記事にまとめています。

※あくまで個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

※インゼルサラブレッドクラブ様より情報転載の許可を頂いております。

ゴルトキルシェの21について

ゴルトキルシェの21について、再度おさらいします。

父:レッドファルクス
母:ゴルトキルシェ(13歳)
母父:ステイゴールド
性別:牡
募集金額:1,800万円(1口3.6万円)
募集口数:1口用475口
     10口用0口
     IFF用25口
預託予定:大久保龍志
提供牧場:ノーザンFファーム
生月日:2021年2月17日
体高:153.5cm
胸囲:178.0cm
管囲:21.2cm
体重:464kg
ネット競馬検討数:
一口馬主DB人気順位:6位

母(ゴルトキルシェ)について

母ゴルトキルシェは、現役時社台サラブレッドクラブの所属馬で、新馬戦2着がありながらも未勝利で引退しています。

ゴルトキルシェの産駒について

本馬は2番仔となり、初仔のエリカキルシェ(父マインドユアビスケッツ)は2歳馬ながらすでにダート1200mで勝ち上がっています。

2020・エリカキルシェ(牝) マインドユアビスケッツ
   成績:3戦1勝 [1-0-0-2]
   セリ価格:1,870万円 (2020年 セレクトセール)
      獲得賞金:598万円 (中央)
   調教師;宮田敬介
       
2021・当歳(牡)父レッドファルクス

2022・次歳(牝)父ハービンジャー

血統について

ゴルトキルシェの21の血統表

父母間クロス:サンデーサイレンス3 x 3

レッドファルクス×ステイゴールドの組み合わせはここまで出走なく、レッドファルクス産駒はここまで21頭が出走して勝ち上がりは2頭となっています。2頭は芝1200mで勝ち上り、オープンのすずらん2着のナックブレイブと芝1600mで未勝利勝ち上がったディナトセレーネとなります。

芝の産駒が多く、短距離からマイルでの活躍馬が多い傾向です。

母馬の成績も考慮すると、この組み合わせであれば芝ダート兼用のスプリントからマイルと予想されます。

ただ、「サンデーサイレンスの3×3」のクロスの濃さと母父ステイゴールドは気性が激しい馬も多いのが心配ですね。

クロスの関係で体質を見極めることができれば、価格も安いので出資も検討できる1頭。

私の最終見解は、noteで公開いたします!

そのほかの馬の評価や概要は下記記事にまとめています。