マリアライトの21(キャロットクラブ募集馬 個別評価診断)

8月23日にキャロットクラブ募集馬の測尺や厩舎が発表されたので、個別にレビューしていきます。

今回は、募集番号32番の「マリアライトの21」を見ていきます。

筆者による個別見解はnoteで公開しております!

Excelのまとめた表については多くの問い合わせをいただくため、noteで販売することにいたしました。(夜な夜な作成頑張って作成しているので、有料なのは許してください。)

内容としては、「厩舎や種牡馬とクラブとの相性・成績」、「募集馬をまとめた一覧表がほしい」、「ゆうくんの出資馬が知りたい!」とそんな方に向けたものとなっています。

ぜひExcelに書き込みしながら、是非募集馬検討に活用下さい!!

アップロードした画像レシステンシア

今年は新規会員のほうが激戦だね

※あくまで個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

マリアライトの21について

マリアライトの21について、再度おさらいします。

父:レイデオロ
母:マリアライト(10歳)
母父:ディープインパクト
性別:牝
募集金額:5,000万円(1口12.5万円)
母馬優先馬:〇
預託予定:久保田貴士
提供牧場:ノーザンファーム
生月日:2021年2月15日
体高:149.5cm
胸囲:169.5cm
管囲:19.5cm
体重:391kg
ネット競馬検討数:
一口馬主DB人気順位:48位

母(マリアライト)について

母マリアライトは現役時6勝。みなさんご存知だと思いますがエリザベス女王杯と宝塚記念を勝利しています。
元々強かったですが、本格化したのは古馬になって以降でそのあたりは牝系の遺伝でしょう。

マリアライトの産駒について

本馬は3番仔です。ここまでJRAで出走した産駒は2頭でそのうち1頭が勝ち上がり。
勝ち上がったオーソクレースはホープフルSと菊花賞でそれぞれ2着していますが、体質が弱く6戦で引退。
半姉のカルセドニーは競走馬としてはダメでしたが、オーソクレースが出ているということで繁殖ポテンシャルは相当高いと思われる。

2018・オーソクレース(牡)エピファネイア
   成績:6戦2勝 [2-2-1-1]
      獲得賞金:1億2,323万円 (中央)
   調教師;久保田貴

2019・カルセドニー(牝)ロードカナロア
   成績:2戦0勝 [0-0-0-2]
      獲得賞金:0万円
   調教師;久保田貴
    
2020・産駒なし モーリス
   
2021・当歳(牝)父レイデオロ

2022・次歳(牝)父エピファネイア

血統について

マリアライトの21の血統表

この馬は、インクロスがきつくなっている。その一点にかぎるでしょう。オーソクレースもあまり体質が強くなかったことや半姉も丈夫とは言えなかったためここはウィークポイントですね。

今回は追加募集ではなく通常募集での登場ですから、ある程度そのあたりはクリアしたうえで募集をかけているとは思いますが、馬格もないので心配です。

能力は間違いなくG1級だと思いますし、父レイデオロもキャロットクラブということもあり、ここはキャロットクラブも期待している1頭ではないでしょうか。

私の最終見解は、noteで公開いたします!

回収率400%超の募集馬レビュー一覧
詳細はこちら
回収率400%超の募集馬レビュー一覧
詳細はこちら